耐火木造ってなに??

ヤオキングの なるほど講座

「耐火木造」は普通の木造とどこが違うの?

国の基準を満たしている工法なので、

防火地域にも木造で100㎡以上かつ3階建以上という夢のようなアパートが建てられます。

通常の木造は万が一火災が発生した場合、1時間以内で隣の部屋に火が燃え移ってしまいますが、ヤオキの耐火木造シリーズなら消防隊が到着するまで最大1時間耐えることができます。

写真で壁の厚さをご確認ください。

そもそも「防火地域」って何?

防火地域は基準が厳しい順に4つのエリアに分かれています。

防火地域として指定されているのは、主に「幹線道路の両側30mのエリア」や「主要駅周辺の商業エリア」。

指定地域内の土地には、通常の木造建築では100㎡を超えるアパートや3階建以上のアパートは建てられません。

つまり、すでに「防火地域」に土地を所有されている方や、これから地域内に土地の購入を考えている方は、コストのかかる鉄筋コンクリートでアパートを建てるかもしくはせっかく広い土地を持っていても100㎡以下で2階建てまでのアパートを建てるしかありません。

→ヤオキならこの問題を解決できます!

販売中物件